片山貴夫のブログ

岡山から発信します。

スポンサーサイト

みなさま良いクリスマスを

...

社長だったらお客さんに失礼な口きいちゃ駄目でしょ

 『一撃筆殺仕事人:佐高信先生追っかけブログ』http://ameblo.jp/sataka/に、片山のブログが紹介されています。とりあえず、全く無視されるよりは良いことでした。2007-12-21 22:56:20 「佐高信はいったい何様のつもりなのか。」by片山貴夫氏http://ameblo.jp/sataka/entry-10061432858.html「「佐高信はいったい何様」、一言で言えば社長様です(笑い)「社長としてはやはり、部数を伸ばし社員に給料や賞与を払い会社を存続して...

岩波書店による金光翔(キム・ガンサン)さんへの言論弾圧が労働組合ブログで公表されました

 岩波書店による金光翔(キム・ガンサン)さんへの言論弾圧が労働組合ブログで公表されました。 岩波書店が内部批判的言論を封殺しようと、金さんに不利益処分を行なうことを、私たちは絶対に許してはいけません。岩波書店労働組合(出版労連加盟)も会社といっしょになって金さんをいじめています。 護憲・リベラルを装う岩波書店の実態を見究め、監視していきましょう。 岩波書店による私への「厳重注意」について① http://s...

佐高信(週刊金曜日社長)は いったい何様のつもりなのか!

 週刊金曜日代表取締役社長にして、編集委員の1人である佐高信は、いったい何様のつもりなのでしょうか。 「頑迷になりがちな本誌の読者」と、自分の雑誌を読んでくれている読者に対し、あまりにも無礼な言辞を公然と書いています。 編集委員の権限を濫用して、読者[層]を一方的に侮辱するような、思い上がった編集後記を書く佐高信は、一体何様のつもりなのでしょうか。 「頑迷になりがちな本誌の読者」というのは、<護憲...

一ツ橋の時津風部屋=岩波書店、赤福ジャーナリズム『週刊金曜日』の不買運動(ボイコット)を!

 『週刊金曜日』ホームページの「次号予告」http://www.kinyobi.co.jp/Recent「◆シリーズ 国策捜査 検察権力と闘う佐藤優 」 〈佐藤優現象〉批判に対して『週刊金曜日』はますます居直り、佐藤優に諂うことを止める気がないことをはっきりさせました。 「護憲派」を偽装表示する赤福ジャーナリズム『週刊金曜日』のボイコット(不買運動)を呼びかけます。 これからは図書館で必要な記事だけ読んでコピーしましょう。 上品な...

岩波書店労組は恥を知れ!

 金光翔さんの首都圏労働組合のブログによると、週刊新潮の卑劣な攻撃に対して、(金さんが岩波書店労組を脱退したとはいえ)労働組合の義務として金さんを防衛するどころか、反対に、新潮といっしょになって金さんを攻撃しています。まさに民族差別、排外主義そのものの帝国主義労働運動です。 新潮に加担する岩波労組は出版労働組合と言うよりも、もはや「論壇マフィア」というべき存在です。極右のデマゴーグに対して、実は「...

岩波書店は金光翔さんに一切の不利益処分/言論弾圧をするな!続

 微々たるミニコミである『インパクション』に掲載された論文に対して、佐藤優・週刊新潮が過剰反応してきたことこそ、金さんの批判が正論であることを物語っています。 金さんの論文は佐藤優自体を批判することが目的ではなく、護憲派ジャーナリズムの内的崩壊に警鐘を鳴らしたことに最大の意義があります。 『週刊新潮』で佐藤優は「今後の対応によっては、訴訟に出ることも辞しません」と脅迫しています。 いったい佐藤優は...

Menu

プロフィール

Author:片山貴夫
sihen45@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。