片山貴夫のブログ

岡山から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城県は朝鮮学校への補助金を止める--震災に乗じた在日朝鮮人敵視・差別の扇動 人としての感性を疑われる


 宮城県は朝鮮学校への補助金を止めました。
 これは、震災に乗じて在日朝鮮人への敵視・差別を扇動する行為です。在日朝鮮人の人々が地域の住民とともに苦しんでいるときに、これは人としての感性を疑われる行為です。
 徹底弾劾しなければなりません。
 宮城県知事および宮城県当局の責任者は、不交付決定をすぐに取り消し、公式に謝罪しなさい。


 宮城県知事への抗議の送り先

FAXの場合 022-211-2297
宮城県総務部行政経営推進課
知事への提案「明日のみやぎに一筆啓上!」係

抗議メール入力フォーム
https://www.e-tetsuzuki99.com/eap-jportal/PkgNaviDetail.do?lcd=040002&pkgSeq=31862
 

産経新聞記事

朝鮮学校への補助金、23年度は交付せず 宮城県 22年度は震災で交付
2011.3.31 15:00

 宮城県は平成23年度当初予算に計上していた東北朝鮮初中級学校(仙台市太白区)への補助金162万4000円を交付しないことを決めた。北朝鮮による韓国・延坪島の砲撃事件を受けて凍結していた22年度分の152万1840円は未曾有の東日本大震災の被災地という人道的な見地から31日、交付した。

 県が補助金の不交付決定をしたのは、国が砲撃事件を受けて交付基準を見直したため。

 見直しでは、文部科学省が外国人学校に対する就学支援金の支給について、(1)国交のある国の外国人学校で、本国と同等の教育が行われることを確認できること(2)国際的な認定機関が国際的教育水準のインターナショナルスクールと認証していること-が新たな基準となった。県は朝鮮初中級学校について、これに合致しないと判断した。

 村井嘉浩知事は産経新聞の取材に「22年度分については人道的な見地から交付した。23年度は条件が合わないことから交付しないこととした」と説明している。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110331/edc11033115020002-n1.htm



スポンサーサイト

Menu

プロフィール

片山貴夫

Author:片山貴夫
sihen45@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。