片山貴夫のブログ

岡山から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ14 外ではパワーハラスメントを弾劾する一方で、内ではパワーハラスメントを行なっている岩波労組委員長


 出版情報関連ユニオン(出版労連に加盟)のホームページによると、「岩波書店労働組合委員長/渡辺尚人」氏は2009年10月23日、(パワーハラスメントが問題になった)判例タイムズ争議で連帯の言葉を述べているとのことです。一方で、渡辺委員長率いる岩波書店労組による金光翔(キム・ガンサン)さんへのパワハラが、延々と継続されていたわけです。渡辺委員長にとっても「パワハラは意外と身近なもの」であったわけです(※)。
 いくら外で良いことをしていても、内で甚だしく言行不一致なことをしていたのでは、労組に対する社会的な信用が無くなるでしょう。
 岩波書店労組にまだ居られる真面目な(佐藤優現象問題の意味を理解する)組合員のみなさんは、(“良心”のうえだけでなく、行ないの上でも)金光翔(キム・ガンサン)さんの側に立つべきではないでしょうか?。


(※)
出版情報関連ユニオンのホームページより
http://www.syuppan.net/union/hanreitims.htm

対策会議ニュース[2009.11.6 No.11]
[中略]
10月23日午後5時40分,麹町の判例タイムズ社前には,17単組・分会から100名を超える支援の仲間が集まり,判例タイムズ社前の歩道をうめつくした。
[中略]
岩波労組の渡辺委員長が,会社にはまっとうな対応を期待するとの言葉を添え,気持ちのこもったシュプレヒコール。力強い復唱に,帰宅途中の人々の注目を集め,宣伝行動は締めくくられた。
[中略]
これまで会社勤めをしてきた経験のなかには,パワハラの疑いがあるものが幾つかあったように思えますから,パワハラは意外と身近なものだと言えそうです。しかし,判例タイムズ社で行われたパワハラの数々は決定的なものでした。
[中略]
判例タイムズ社は悪質なパワーハラスメント行為があったことを認めてお二人に謝罪し,早急に問題の解決をはかってください。
[岩波書店労働組合委員長/渡辺尚人]




百合備前


 追記

 3月19日に行われた救援連絡センターの総会では、シンポジウム「獄中者の権利と司法改悪」のパネリストとして、青木理安田好弘弁護士がよばれたとのこと(※)。
 2人とも佐藤優の仲間そのものである。 
 救援連絡センターには、本物と似非「反体制」の見分けがつかなくなったのか!?
 左翼業界もこれでは将来が無い。

(※)
救援連絡センターのホームページ
(2011年3月16日 at 6:19 PM )
救援連絡センター定期総会
http://qc.sanpal.co.jp/info/1141/

日時 2011年3月19日(土)13時開場

場所 豊島区立勤労福祉会館 6階大会議室

東京都豊島区西池袋2−37−4

(JR池袋駅西口下車徒歩10分)

プログラム

第1部  総会

第2部  シンポジウム『獄中者の権利と司法改悪』

青木 理(ジャーナリスト)

川村 理(弁護士)

安田 好弘(弁護士)



醍醐桜02 醍醐桜01


スポンサーサイト

Menu

プロフィール

片山貴夫

Author:片山貴夫
sihen45@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。