片山貴夫のブログ

岡山から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山地裁が金剛山歌劇団の岡山公演を許可命令

金剛山歌劇団 2007年 「黎明」

岡山地裁が、金剛山歌劇団岡山公演の会場使用許可を、岡山シンフォニーホール側に命じる決定を出しました。
ご協力くださった皆さまに感謝いたします。
今回のような無法行為が日本社会に二度と無いようにしたいと思います。

在日朝鮮人でつくる金剛山歌劇団の岡山公演会場に予定されていた岡山シンフォニーホールの使用が、右翼団体の妨害行動を理由に不許可にされた事態は、憲法で保障された集会・表現の自由が奪われる極めて重大な危機です。ましてや岡山市がそれに加担する動きをとることは許されません。この問題は岡山市議会にも波紋をよび、9月26日には(岡山市の指定管理者である財団法人岡山シンフォニーホールの事務局長が市議会総務委員会に参考人として招致されました

 公演実行委員会側は9月11日、財団法人岡山シンフォニーホールを相手取り、処分取り消しと許可の義務付けを求め岡山地裁に提訴しました。

 同日に、憲法を生かす会岡山、百万人署名運動岡山県連絡会、憲法を生かす倉敷市民の会など岡山県内の9団体は不許可処分の撤回を求める申し入れを岡山市に対して行ないました。
 「憲法は表現の自由を保障している。これが危機にさらされたときには行政はこれを擁護する努力をしなければならないのに、今回の不許可処分はそれとは正反対の行為であり、到底許されることでない。さらに地方自治法は244条は「地方公共団体(指定管理者を含む)は正当な理由がない限り、住民が公の施設を利用することを拒んではならない」また「住民が公の施設を利用するについて、不当な差別的扱いをしてはならないと定めており、今回の不許可処分がこの規定に反することは明らかである」と、使用不許可処分を直ちに撤回するよう求めました。

 岡山地裁は10月15日、財団法人岡山シンフォニーホールに対し「正当な理由なくホール利用を拒否すれば憲法の保障する集会の自由や表現の自由を不当に制限する」等として、歌劇団のホール使用を許可するよう命じる決定をしました。
 同月17日にはホール側が司法判断に従うことを表明し、公演は予定通り11月12日に行われます。

 在日朝鮮人に対する無法な迫害行為を極右勢力が唱導し、行政がそれに加担する動きが頻発していることを、私たちは許してはなりません。




NHK岡山のニュース
2007年10月15日 19時42分更新

http://www.nhk.or.jp/okayama/lnews/01.html
ホールの使用許可命じる

岡山市のホールで予定されていた在日朝鮮人らでつくる歌劇団の公演について、岡山市などが右翼団体の街宣活動が激しくなることなどを理由にホールの使用を許可しなかった問題で、岡山地方裁判所は、15日、「街宣活動が警察の警備などによって防止することができないとは認めがたい」としてホールの使用許可を命じる決定を出しました。
この問題は岡山市が財団に運営を委託している「岡山シンフォニーホール」で来月に予定されている在日朝鮮人の音楽舞踏家らでつくる「金剛山歌劇団」の公演について「右翼団体などの街宣活動で施設の管理上支障がある」などとしてホールの使用を許可しなかったものです。

これに対し、公演の実行委員会は警察との協力でビルの中の店や市民への迷惑を最小限に抑えることが可能であり、市などの決定は違法だとして決定を撤回したうえで、改めて使用を許可するよう、岡山地方裁判所に申し立てていました。

これについて岡山地方裁判所は、15日「憲法によって保障された集会の自由が侵害されることになる」としたうえで「右翼団体などによる街宣活動が警察の適切な警備などによっても防止することができないとは認めがたい」として実行委員会の申し立てを認め、ホール側に使用を許可するよう命じる決定を出しました。

この決定について、財団は「さきほど裁判所の決定を知ったばかりで今後の対応については理事会や岡山市と協議して決定したい」と話しています。

KSB瀬戸内海放送

http://www.ksb.co.jp/newsweb/indexnews.asp?id=20578
金剛山歌劇団の岡山公演を許可
10/15  19:29
 
岡山シンフォニーホールが在日朝鮮人の歌劇団の公演を拒否した問題で岡山地裁は公演を認める決定をしました。この問題は在日朝鮮人でつくる金剛山歌劇団が11月12日に予定していた公演を岡山シンフォニーホールを管理する財団が不許可にしたものです。これに対し、歌劇団側は不許可処分の取り消しを求めて岡山地裁に訴えていました。財団側は「公演に反対する街宣活動がホールの管理や他のテナントの営業に支障をきたす」と不許可の理由に挙げていました。これに対して岡山地裁は15日、財団側の言い分には理由がないなどとして公演を許可するよう求める決定をしました。
スポンサーサイト

Menu

プロフィール

片山貴夫

Author:片山貴夫
sihen45@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。