片山貴夫のブログ

岡山から発信します。

東京五輪開催に反対する

(作成に関与したわけではなく、送るお手伝いを少しだけした)国際オリンピック委員会への告発状です。
2013年9月6日

国際オリンピック委員会
ジャック ロゲ伯爵

告発状


ジャック ロゲ会長、国際オリンピック委員会の皆様に心から敬意を表します。
さて、東京オリンピックの招致ファイルには、2点の重大な虚偽の記述があります。

1:日程について
 東京の招致ファイルは「東京でのオリンピック開催を2020年7月24日から8月9日まで16日間、パラリンピックを8月25日から9月6日までを予定する。」 「この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である。」と述べていますが、この時期は日本の最も暑い時期であって、スポーツには向きません。高温多湿、猛暑の日本の気候を隠蔽し、炎天下の競技にアスリートを苦しめることがわかっていながら、アスリート第1をかかげ、「理想的な気候である。」と事実に反する、うそをつくことは、フェアプレー精神に反します。
2:「安全」「安心」について
東京都防災局は、防災計画で首都直下型地震を想定し、2020年までに電力を7日間、上下水道を30日間で回復させようとしています。地震はいつ発生するかわかりません。もし、2020年7月24に地震が起これば、オリンピックのスケジュールは壊滅的ダメージを受けます。東京の招致ファイルは、このほかにも予測される危険を過少に申告しています。これは、スポーツマンシップに欠ける恥ずべき記述です。
東京の招致ファイルは、オリンピック精神に反し、フェアプレー精神に反し、スポーツマンシップに欠ける恥ずべきファイルです。多くのアスリート、内外の観光客、都市住民に多数の死傷者が出る可能性がある東京でのオリンピック開催は、危険です。
国際オリンピック委員会におかれましては、充分な調査の上適切な対応をお願いします。

             東京オリンピックを考える会

Count Jacques Rogge
President Internationtional Olympic Committee.
               6 September 2013

Attention


Dear Dr. Rogge.
 I am writing to you to voice our concerns vegarding actions by the JOC which we con sider unfair. I hope that you will pay careful attention to this matter and take steps to remedy the situation.
 Our first concern is in regards to comments by the Tokyo Olmpia bid committee which were made in it`s application.
 Which is as follows:
”The paralympic Games would be hold between Tuesday tge 25th of August to Sunday the 6th of September 2020 the pleasant weather conditions at this time of year will be ideal for athletes…". end quote.
Please, be aware that this period of time is the hottest season in Japan and therefore most unsuitable for sports activities due to very high temper
atures and humidity. To describe this period as "ideal for athletes”is a false assertion and in our opinion contrary to the Pirit of fair play.
Our second concern is this ;TMG writes in its Tokyo Vision 2020 that regarding the possibility of an earthquake a back ap plan to restore electricity in 7days and water services within 20 -taking a possible epicentral earthquake in Tokyo into consideration …. However,as it was with the qreat eastern earthquake of Japan in 2011 we know that these acts of nature occur with liftle to no warning and the results are never to be underestimated. If it were than another earthquake struck Japan at or around the 24th of July not only would the Olympic schedule be greatly disrupted but the Olympic athletes themselves would be at risk as well as the many spectators.
We strongly believe that the 2020 Tokyo Olmpic bid has been ottered without due consideration to the potential dangers which we feel are contrary to the spirit of sportsmanship.
We sincerely hope that you will carefully consider these tow points of concern and take appropiate measures.
Thank you,
The Group to Consider Tokyo Olympic Bid.


スポンサーサイト

Menu

プロフィール

片山貴夫

Author:片山貴夫
sihen45@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索