片山貴夫のブログ

岡山から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文科省に抗議を!朝鮮学校の教育内容に統制をかける方針が明らかになる


 朝鮮学校の教育内容に統制をかける方針が明らかとなりました。
 「日本の教科書購入はあくまで任意とする」という建前は見え透いたウソで、すさまじい、露骨な同化圧力です(※)。
 朝鮮学校に対して、「検定済みの国内の教科書を使って日本の社会制度を基礎から学ぶよう促す」とは、なんという侮蔑した差別的眼差(まなざ)しでしょうか!
 天安艦沈没事件(「北朝鮮制裁」策動)、釣魚台(「尖閣列島」)紛争=反中国排外主義を煽るなど、民主党政権こそは、排外主義を自覚的に促進する反動政権です。労働者民衆は民主党政権を1ミリも支持できません。
 朝鮮学校側が屈服しないように望みます。
 民主党政府が率先して排外主義を〝国策″としていることで、憲法で(いちおう建前だけは)保障されているはずの、教育の自由を亡き者にしています。
 民主党政権、(「救う会」などの)民間極右が一体となった排外主義扇動によって、自治体による(既存の僅かな)朝鮮学校補助金さえも脅かされつつあります。
 教育内容に介入するな!という抗議の声を大きくあげなければいけません。
 労働者民衆の力で、一刻も早く民主党政権を打倒しなければいけません。


※比較的客観的な朝鮮報道をすることで有名なブログ『河信基の深読み』でも言及されている。

韓国の反日に火をつける高木文科相の余計な「条件」
http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/42191632.html


*******************************************
共同通信記事
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110201000921.html

朝鮮学校に政経教科書購入要請へ 文科省、高校無償化適用で

 文部科学省は2日、高校授業料の無償化を朝鮮学校に適用する際、日本の高校が使っている政治・経済の教科書の自主購入と活用を朝鮮学校側に求める方針を決めた

 無償化適用の是非をめぐり与野党から「反日的な教育が行われている」との指摘があったことを考慮した。朝鮮学校への適用を可能にする文科省専門家会議の基準案を週内にも正式決定し、併せて公表する高木義明文科相の談話に盛り込む

 高木文科相が2日夕、岡田克也民主党幹事長と国会内で会談、党の了承を得たもようだ。

 ただ、朝鮮学校を含む各種学校の教育の自主性を重んじる私立学校法などの規定から、日本の教科書購入はあくまで任意とする方針。

 朝鮮学校は朝鮮語で編集した教科書を主に使っているが、文科省は無償化の議論では教育内容に踏み込まない姿勢を強調してきた。

 しかし、適用に向けた慎重論があることに配慮、日本や国際社会で活躍する人材育成を目指す無償化法の趣旨からも、検定済みの国内の教科書を使って「三権分立」や「法の支配」など日本の社会制度を基礎から学ぶよう促すことにした。


2010/11/03 02:02 【共同通信】

*******************************************
毎日新聞記事
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20101103ddlk14100177000c.html
高校無償化:朝鮮学校無償化 反日教育の有無、国に確認を要望--県 /神奈川

 松沢成文知事は2日の定例会見で、朝鮮学校への高校無償化制度の適用問題で、反日的な教育内容が含まれていないことを国が確認するよう高木義明文部科学相に要望したと発表した。要望書は、就学支援金が生徒の授業料に充てられていることの確認も求めた。

 県は県内の朝鮮学校5校に年間約7000万円の補助金を出している。松沢知事は国に統一対応を求めたうえで「国の方できちんとしたルールが確立できない場合、県の補助金にもルールが必要で、独自調査も必要になってくると思う」と述べた。【木村健二】

毎日新聞 2010年11月3日 地方版

*******************************************

抗議先

〒100-8959 東京都千代田区霞ヶ関3丁目2番2号 文部科学省
文部科学大臣 高木義明殿
TEL:03-5253-4111
メール:文部科学省ホームページ(http://www.mext.go.jp)右側にある「窓口のご案 内 ご意見・お問い合わせ」→「文部科学省に関するメールでの御意見・お問い合わせ窓口案内」の「高等学校の実質無償化及び高校の奨学金に関すること」→入力フォームから送信する( https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry38/ )

スポンサーサイト

Menu

プロフィール

片山貴夫

Author:片山貴夫
sihen45@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。