片山貴夫のブログ

岡山から発信します。

スポンサーサイト

川崎市が朝鮮学校に「補助金の代りに現物支給」と称して「拉致問題」本を強要

 陰湿であざといイジメ、嫌がらせ行為を平然とやってのけて恥じないニホンの自治体・川崎市! そもそも子どもたちが「拉致」や「核実験」と何の関係が有るというのでしょうか!? ただでさえ日本人よりも教育への補助金が少ない(「無償化」からの排除、自治体の補助金打ち切りなど)のに「補助金で現物支給」とは!? 差別は止めないくせに、忠誠心の強要だけは執拗に行なう日本。 「北朝鮮への抗議」の為にイジメをやるのだ...

総選挙に際して

 総選挙。期日前投票に行き、ためらう事なく白票を入れました(最高裁判事は全員に「×」)。今回の総選挙期間は、原発被災者の苦しみを自分達の得票の踏み台に利用し口先だけの「脱原発」を言い立てる政党(*)に、言いようもない嫌悪感を覚え、死にそうなほど欝です。原発廃絶はただ厳粛に誓うのみです。 3.11以前には、どの政治勢力も、原発廃止のために本気で取り組んでいませんでした(篤実な下部構成員が原発所在地で運動...

メモ18 「明治」の「社会主義者」の新聞より

  「明治」の「社会主義者」の新聞である『光』第15号(1906年(明治39)年6月20日)掲載の小記事「帝室を引き入るゝ勿れ」では、皇室を「営利會社の株主」とする行為は、皇室を「資本家階級に置かんとする者にして、強ひて階級闘争の渦中に引き入るゝ者と云ふべ」きことであり、このようなことは「國民の各階級の上に超然たる日本帝室の尊厳を傷つけ奉るの恐れ」があるではないか、と述べている。  『光』の「社会主義者」にと...

みなさま良いイースターを

...

雑用紙の覚書 3

このままでは反原発運動も「9条の会」の二番煎じに終わってしまう。政治的緊張感を無くする事が「統一戦線」だと思い込まされている日本社会においては、なおさらそうなる。人間が(他の動物と異なり)人間たる所以は、世俗的な動機に基づく事柄よりも高い価値への信仰が有ることだ。佐藤優が受容されるのは、日本の「左翼」関係者の多くが(口先で言っている事とは逆に)体制や世界観を争う気力、気概さえ無くなっているからだ。...

Menu

プロフィール

片山貴夫

Author:片山貴夫
sihen45@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。